「「大間マグロの缶詰」プロジェクト」の記事一覧

3/10マグロ缶詰め打合せ

こんにちは、大間マグロの魚忠の山本です。 本日、マグロの缶詰をお願する業者の担当者さんが来て、 少し打合せをしました。 決まった事といえば、 販売価格はやはり、1缶500円程になると言う事と、 箱に入らず、デザインは缶の周りにラベルを巻くタイプになると言う事、 発売はゴールデンウィークを目安に、 それに向けて準備するという事でした。 味付けは、前回頂いたサンプルよりも、 もう少ししょっぱ目に作ってもらう事にしました。 微妙な線ではありますが、 ちょっと甘い感じがしていたもので。 今日、再度サンプルに使う材料を発送しましたので、 来週中には出来てくるでしょう。 それに合わせて、ラベルのデザインを決めれば、 後は材料を全部送って発注といった感じです。 そして作って貰っている間に、 海難遺児の寄付に関しての事を調べたいと思います。 とりあえず、近況報告でした~m(__)m

大間マグロ缶詰の試作品

試作品が出来上がり、味見をしてみました。 製作を依頼しているのは札幌の某業者様。 来週あたりにウチに担当の方が来るので、 社名を出しても良いか聞いてみます。 そもそも血合いというのはこの画像にあるように お魚の血が固まった様な、普段はお刺身では食べる事が出来ない 食べるとしても焼いたり煮たり、 火を通さなければいけない部分です(生で食べる人もいるかもしれませんが) ↓↓↓ 肝心の試作品のお味は、 そのままお酒の肴として食べてもしょっぱ過ぎず、 ごはんやおにぎりの具として使ってもちょうど良く、 ショウガを千切りにした物がそのまま入っているのですが、 ショウガがダメな私でも食べられるくらい 煮込まれていて美味しかったです。 そしてそのショウガの効果で魚の生臭みも消えているので、 臭みが苦手な方でも美味しくいただけると思います。 ある程度味のほうは決まってきましたので、 次はパッケージのデザインや、 プロジェクトのメインでもある、 海難遺児の寄付関係についても調べていきたいと思います。 大間マグロの缶詰プロジェクト、乞うご期待!!!

テスト

サブコンテンツ

このページの先頭へ