「赤身」の記事一覧

赤身の色の変化

マグロの色が変わるのは、 鮮度が落ちてきたからではないそうです。。。 マグロには(特に赤身)鉄分が含まれていまして、 それが空気や水分と結合することで 酸化して色が変わっていくのだそうです。 そしてその酸化は、鮮度の劣化とは全く別に進行すると言われています。 冷凍している時の黒っぽい赤 ↓ 解凍したての時の鮮やかな赤 ↓ 酸化が進んで褐色がかった赤 という具合にです。 鉄分が含まれているだけあって、 赤身は特に、あのほのかな酸味がするのですね。 中トロや大トロに関しましては、 赤身よりも変色しやすいように見受けられます。 肉眼で見ると緑っぽく柵の角のほうが変わってきます。 これに関してはまた調べて次の機会にお知らせいたしますね。

三角の赤身

解体してブロックにしたマグロを柵取りしていくと、 どうしても三角形になってしまう場所があります。 例えばこんな感じです↓↓↓ この部分を切り出して、 冷凍して真空パックしたのがこれです↓↓ そしてそれを解凍したものがこれ↓↓ こちらの柵、品質には全く問題は無く、 むしろブロックは外側から熟成していきますので、 味は他の赤身よりも美味しいくらいです。 ですがお刺身にする時になかなか恰好がつかない事と 贈り物には向かない為、 今後は少しお安い価格でご紹介していこうと思います。 まずは今ある在庫の中から選び直して、 今週中には別の商品としてアップしたいと思っています。 会員登録で最安値!大間マグロの魚忠自社販売サイト 楽天ポイントを使いたいお客様は、 大間マグロの魚忠楽天市場おとりよせ店へ ケータイ代金と一緒に決済できます! auショッピングモール店はこちら→http://aumall.jp/user/13633697 (携帯へURLを入力してご覧くださいませ。)

赤身の話

「まぐろの本当の旨さは赤身にある」 プロや通の人達はこんな事をよく言います。 本当の旨さという点では事実であると思います。 大トロとは違い、いくら食べても飽きないし、 特に大間産本まぐろの特徴でもある、あの独特の酸味とうま味。 やはり通にはたまらないと思います 美味しい上に栄養もタップリで、 ビタミンや鉄分、アミノ酸などを多く含むまぐろは、 EPAやDHAにも豊富に含んでいるので、ダイエットにも効きます また、鉄分やビタミンB12を豊富に含んでいるので、 貧血の予防にも効果があります 大間産マグロは特に色が変色しやすいといわれているので、 生での取扱、冷凍と解凍などには特に気を使わなければいけませんが、 解体して柵取りした後、直ちに急速冷凍で旨さを閉じ込め、 専用の解凍方法を用いて解凍すれば、 大間から遠く離れた所にお住まいの方も、 生と変わりない味を楽しむことが出来ます やっぱり、いいマグロの赤身は最高ですよ

サブコンテンツ

このページの先頭へ