大間マグロ缶詰の試作品

試作品が出来上がり、味見をしてみました。



製作を依頼しているのは札幌の某業者様。


来週あたりにウチに担当の方が来るので、

社名を出しても良いか聞いてみます。



そもそも血合いというのはこの画像にあるように

お魚の血が固まった様な、普段はお刺身では食べる事が出来ない

食べるとしても焼いたり煮たり、

火を通さなければいけない部分です(生で食べる人もいるかもしれませんが)
↓↓↓





肝心の試作品のお味は、

そのままお酒の肴として食べてもしょっぱ過ぎず、

ごはんやおにぎりの具として使ってもちょうど良く、

ショウガを千切りにした物がそのまま入っているのですが、

ショウガがダメな私でも食べられるくらい

煮込まれていて美味しかったです。


そしてそのショウガの効果で魚の生臭みも消えているので、

臭みが苦手な方でも美味しくいただけると思います。



ある程度味のほうは決まってきましたので、

次はパッケージのデザインや、

プロジェクトのメインでもある、

海難遺児の寄付関係についても調べていきたいと思います。



大間マグロの缶詰プロジェクト、乞うご期待!!!




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ