大間マグロの魚忠

2008年9月5日から楽天市場に出店させていただくことになりました。


実店舗のほうは8月1日から営業を始めさせていただいており、
実質まだ1か月ほどしか経っていない新しい会社です。


社員も元運送業や元漁協職員など様々ですが、
なぜこのような新しい会社がマグロを販売できるのかを
今日は説明させていただきたいと思います。



まず、株式会社魚忠は、大間漁業協同組合との間に
鮮魚介類の業者としての契約を結んでいます。


ですから、大間産の本マグロはもちろんのこと、
その他の鮮魚類なども直接買い付けすることが可能です。
そしてその直接買い付けしたマグロを、
自ら解体して柵取りし店頭に並べることで、
他ではなかなか実現できない価格で商品を提供することが出来ます。


漁師さん水揚げ→大間漁協→魚忠→消費者の皆様
いう最短のホットラインが私たちの一番の強みです。


大間産の本マグロといえば、今やすでにブランド化し、
美味しいのは分かるけれども、
高くてなかなか手が出ないというのが皆様のイメージだと思います。


この大間産のマグロが獲れる時期は、
7月から1月にかけての約半年ちょっとの間です。
マグロに一番脂がのって美味しくなるのは、11月~1月の冬の間です。


では、それ以外の夏の時期のマグロはどうなのかというと、
もちろん美味しいことには変わりありませんが、
脂ののりという点では、やはりどうしても冬場のマグロにはかないません。

すると必然的にセリ落とされる金額も冬場よりは安くなります。
(漁模様が思わしくない年は、例年よりも高い価格で相場が推移します。)


わたしたち魚忠は、


1、漁師さんへ精算する金額(相場)
2、消費者の皆様
3、魚忠の会社としての利益


の順番でバランスをとって販売価格を決めております。


夏場~秋口にかけてのお買い求めしやすいマグロで
大間産本マグロの味を体験し、
今度は少しふんぱつして冬場の極上品をお買い求めいただく。
そしてその味が忘れられなくて、
また来シーズンもご利用いただければ幸いです。


大間の漁師が命がけで釣り上げてきた極上の本マグロ。

その想い、あなたの舌で思い切り受け止めて下さい。

大間マグロ 242キロ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ